読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスボドGW~第25回ミスボドレポート -後編-

そんなわけで前回の続きです。

 

5/3 第25回ミスボド

 

スーパー銭湯にて三時間の仮眠を取った後、実は一部の部屋が朝九時から開いているらしい会場に向かいます。

会場の設営をほんの少しだけお手伝いしたところで、一足先にゲーム開始です。

 

エクリプス

f:id:chocoxina:20140505225127j:plain

前日からお誘い頂いていた、アメリカンな二時間級ゲーム。行く前から分かっていたことではありますが、三時間睡眠を経ての朝九時からヘビーゲームです。

プレイヤーはなんというかこう、大宇宙でいかにも大宇宙的な種族のなんかになって国力を大宇宙的に拡大再生産しながら、最終的には他プレイヤーと大宇宙的なドンパチをしたりとかして、大宇宙の覇権を取ります。

ゲームシステム的には、各人能力の違うプレイヤーボードに置かれたリソース駒をルールに従って共通の場に避けてやることで資源の収入増加を視覚的に表す点や、リソースの続く限り手番が行える点など、イワイシさんいわくテラミスティカのネタ元な感じ。

プレイ感としては、征服する星を探して探索に出たらNPCがわらわら出てくるめちゃくちゃなマップに出くわしていそいそとマップタイルを返したり、勝利点の大きなNPCを叩きに行ったら横からプレイヤーにぶん殴られたりなど大変アメリカンで興奮しますね!

実時間はともかく(と言っても今回は二時間切ったのですが)、プレイのテンポは大変軽やかなので、また違う種族ボードを使ってプレイしてみたい所です。

 

ぴっぐテン

f:id:chocoxina:20140505225222j:plain

エクリプス終了後ほどなくして受付が開始され、しばらくは受付部屋のさすがの人口密度に気圧されてちょっと外にカフェイン補給に出たりしてたのですが、人が少し落ち着いたところで初心者向けのこちらをプレイ。

基本的なルールとしては、数字の書かれた手札を場札に追加していくことを繰り返しながら、合計がちょうど10になるカードを出すことでそれまでの場札を総取りすることを目指します。

いくつかの特殊なルールも一度聞いてしまえばすぐ理解できるものばかりで、かつそのルールのおかげでプレイに手ごたえ感が出ますし、まさしく初心者向けの花形といったところです。

今回は初心者卓と銘打たれたテーブルでのプレイでして、そういう場合は極力楽しそうにプレイすることを心がけているのですが、近頃それをやりすぎて、周りにちょっとエキセントリックな人だと思われてるようなので気をつけます。

 

ローゼンケーニッヒ

f:id:chocoxina:20140505225454j:plain

オープン会では二人用ゲームは立ちにくいといわれますが、未プレイという方がいたので半ば無理やり付き合っていただきました。

プレイヤーはランカスター家とヨーク家に分かれ、ばら戦争と呼ばれた戦いを追体験します。

お互いにカードに書かれた剣の向きと長さに従ってマップ上の戦線を動かし、自分の勢力のコマを配置していきます。

勢力を分断されては即ち負けるのが戦争でありますから、このゲームでも自分の勢力コマを一か所に集めることで加速度的に勝利点を獲得することができます。

分断された勢力圏をどうにか繋げたり、逆に相手の強大な戦力をどうにか分断するなど、ボード上では少なからずドラマチックな展開が繰り広げられるのですが、プレイ感としてはそういったことに一喜一憂、というより、焚いた香の煙を見届けるような優雅なもの。

連続手番やフォースドムーブなど、二人ゲーの妙味も十分に味わえて素敵です。

 

モテねば。

f:id:chocoxina:20140505225550j:plain

「元来人間とは、高校生活の三年間でモテねばなりません」というクソたわけた(問題発言)書き出しのルールブックでおなじみの国産ゲームです。

プレイヤーは、知力、体力、財力、おしゃれ、トークの五つのモテポイント略してMPで女の子にアピールしたり、学内の能力トレンドを操作したりしながら、女の子のハートを誰よりも集めることを目指します。

トレンドを操作した分だけアピール機会が減ったり、散り々々な要素でアピールしても女の子は見向きもしてくれなかったり、どこか現実の高校生活を思い起こさせる世知辛くもゲーム的に優れたルールと、かわいらしくも妄想を妨げないアートワークが魅力のゲームです。

そんなわけでよくプレイするため、今回もこのゲームを掲げて人を集めているときに「chocoxina好きだねぇ」と言われてしまったんですが、実はそんなに強くなかったりします。

あとMakotoちゃんは渡しません。

 

LinQ

f:id:chocoxina:20140505225654j:plain

日本では「ペアペア連想ゲーム」とかいう冗談みたいにダサいタイトルで売られているゲームですが、どうか嫌いにならないであげて下さい。

プレイヤーは、各人に与えられたお題から連想するワードを発表しながら、誰と誰が同じお題を持っているかを推測します。

自分と同じお題を持っている相手にのみわかるお題を考える発想力、一度目のお題で伝わったかどうかで二度目のお題の難度を考える駆け引き、実は誰ともペアでないダミープレイヤーを警戒する必要性など「連想ゲーム」の枠を超えたあまりにも真面目なゲーム性が特徴です。

ゲーム本来の内容物はお題カードのみであるらしく、答え合わせなどは各自メモ用紙など用意しなければならないところ、画像の手元にある素敵な回答タイルを作られた方がいるとのことで頭が下がります。

 

魔法のラビリンス

f:id:chocoxina:20140505225801j:plain

子連れのお母様がいらっしゃったので、ちょっと大きくなったらプレイしてもらえるかな? というこちらをプレイ。

画像のボードの下には迷路が仕込まれており、プレイヤーは魔法使いコマでボード裏に鉄球を吊り下げて、記憶を頼りに見えない迷路を進み、指定されたマスに到達することを目指します。

このゲームを持ち込んだ方が、日本では入手難な拡張に入っている一方通行の壁を自作してくださっていたので、そちらをありがたく使わせていただきながら二回プレイ。

生後六か月というセイちゃんにメロメロになりながらのプレイだったのですが、そのお母さんに結局1ポイントも取っていただけなかったのが少々心苦しいです。

セイちゃんが大きくなったらぜひまた来て頂いて、壁を通ってしまって鉄球が落ちるときの「ことん」というシュールな感触を一緒に味わいたいですね。

 

裏切りの工作員

原題は「エミッサリークライシス」である上に、ゲーム上仲間を裏切ることはほぼまったくないのですが、まあタイトル訳には雰囲気も大事ですね。

プレイヤーは二陣営+個人単位の第三勢力に分かれた工作員となり、各自自身の所属を隠匿しながら、自陣営に有利な情報カードを自陣営の誰かに三枚集めることを目指します。

基本的には「赤陣営の情報」「青陣営の情報」「規定数掴まされるとお上に殺される黒の誤情報」の三種の情報を、さまざまな情報でほかのプレイヤーに送信することの繰り返しで、あとは数種のアクションカードと、プレイ時に読み合せれば事足りるプレイヤー固有のユニーク能力がいくつかあるだけなので、正体隠匿系と呼ばれるゲームの中ではなかなかお手軽です。

今回のプレイでは、chocoxina視点で開始直後に第三勢力であることが確定したさつきちゃんを早々に葬ったものの、自陣営の赤勢力三人がプレイヤー固有の能力を生かしきれず、またchocoxinaがさつきちゃんに手を焼いて手札を使い切ってしまったことも相まって、青陣営の勝利条件を阻止できず敗北。

実は以前プレイヤー能力をかなり大胆かつ複雑に用いたプレイ動画を見てしまっており、きっと相当な上級者向けゲームに違いないと敬遠していたのですが、食わず嫌いはよくないですね。

 

バックギャモン

f:id:chocoxina:20140505225948j:plain

「世界四大古典ゲーム」とか「西洋双六」とか言われるわりにいまひとつチェスやオセロほどのメジャー感がないバックギャモンですが、ルールを理解すると面白いですよ。

詳細なルールはぜひwikipediaなりなんなり当たっていただくとして、基本的には相手の邪魔をしながらお互い真反対の方向に進んでいく双六といったところです。

今回はインストからダブリングの妙味を味わってほしいと5ptマッチを申し込んだのですが、実力の問題でこちらから積極的なダブルを持ち掛けられず反省しております。

 

ガントレット・オブ・フールズ

f:id:chocoxina:20140505230048j:plain

chocoxinaが知っているダンジョンを攻略するゲームって、入る前に裸になったり(ダンジョンオブマンダム)、脚の下から左手で投げたサイコロをヘディングしてボードに乗せたり(ダンジョンファイター)、運ゲーからゲーを抜いたともっぱらの評判だったり(ダンジョンクエスト)となんかそんなんばっかりなんですが、このゲームはさしずめ「ダンジョンで自惚れて死ぬゲーム」といったところです。

プレイヤーは翌朝ダンジョンに挑み、死ぬまでに(死にます)より多くの金貨を集めるために、人数分の冒険者と武器の組み合わせのうちどれを選ぶかを決定するのですが、特筆すべきでありかつこのゲームの七割を占めているのが冒険者の選び方。

プレイヤーは手番ごとに、共通の場から冒険者を獲得するか、すでにほかのプレイヤーが獲得した冒険者を奪うかを選択できるのですが、引く手あまたの冒険者はどんどん自惚れて弱くなるため、最終的に「二日酔いの上に朝飯抜きで、目隠しして片手を縛って片足立ちをした上に、残った片手でジャグリングをしながらダンジョンに挑む杖装備の忍者(すぐ死ぬ)」なんかが出来上がったりします。

このシステム、こういう馬鹿げたフレーバーを提供するほかに、毎回ランダムに生成される冒険者の能力を拮抗させる役割も持っているのですが、その辺どれだけ考えても結局ダンジョンの具合やダイスでわやになってしまうのが馬鹿ゲー感を演出していますね。

かの「ドミニオン」と同じ作者のゲームですが、奴の本性はむしろこちらですから間違えないように。

 

ブラックストーリーズ

日本ではいっとき「ウミガメのスープ」という名前でプチ流行した会話ゲームに、新しい問題が追加されたちょっとイイカンジのカードです。

何らかの物語について、出題者から「その場で起きたこと」やその一部のみが公開された状態で、出題者に「Yes/No」で答えられる質問を繰り返すことで物語の全貌を暴くことを目指します。

本当に大事なのは答える力よりも適切な質問をする力、という教訓めいたシステムと、名前に違わぬブラックな真相が楽しいゲームです。

 

二次会

その後の二次会ではイワイシさんに馬鹿筆頭だの俺の残念を継ぐだの言われながら楽しくソフトドリンク(原付で帰るので)とお刺身を食べたり、別の卓で拙作のプレイに付き合っていただいたりしながら楽しく過ごしたのですが、さすがに二日連続で遊び倒した疲労がたたって三次会を待たずリタイア。

しかし、自分とほぼ同じかそれよりハードな日程で遊んでいたにゃかのさんがぴんぴんしていた上に、これからまた二泊のゲーム合宿に行くとのことで、自身の若さに疑問符が付く二日間となりました。

 

そんなわけで二日間にわたるミスボドのレポートでした、運営の皆様や卓を囲んで下さった皆様に改めて感謝を。