chocoxinaのover140

良く言えばコラム

なんなんだアクアフレッシュ

アクアフレッシュの歯磨き粉を使っている。
虫歯予防の白、口臭予防の青、歯垢除去の赤がストライプになって出てくるアレだ。

近所のドン・キホーテで98円くらいになっていたそれを使い始めて数日経ったころ、パッケージの裏に

「綺麗なストライプのために後ろから絞って下さい」

と書かれているのに気づいた。

これはしまったぞ、と思った。

chocoxinaはハミガキチューブに正しい絞り方があるなどとはつゆ程も想像していなかったし、これまでずっと、予備知識ゼロであのチューブを持った人間が当然そうするように、腹のあたりを雑にぎゅっと握りしめてペーストをひり出してきた。

ところが、そのような絞り方をしていると、いずれ「綺麗なストライプ」が出なくなるというのだ。

これは由々しき事態である。

遠からぬ未来、チューブの中のストライプが崩れ、例えば赤い部分がまったく出てこなくなったら。
歯垢除去をつかさどる何らかの成分を欠いたまま歯磨きをすることになり、歯と歯の間は歯垢で真っ白。その日の通勤中に「Braun Morning Report」に捕まったら、すべての歯を謎の薬液で真っピンクに染めあげられた姿が、CMとしてお茶の間に流されることになる。

虫歯予防の白、口臭予防の青が欠けた日のことなど、想像するだに恐ろしかった。

しかし、である。

なぜ俺が、アクアフレッシュを使っている俺だけが、このような憂き目にあわなければならないのか。

他のやつらが何も考えずに歯を磨き、オーラツーでステインをクリアし、クリニカでプラークをコントロールし、デンターシステマで歯周ポケットをケアしている間に、なぜアクアフレッシュを使っている俺だけが、甚大なリスクを背負いながらハミガキチューブを後ろから絞らなければならないのか。

そもそも、虫歯予防・口臭予防・歯垢除去などという、歯磨き粉におしなべて欠くべからざる3つの要素について、製造元のグラクソ・スミスクラインはなぜあらかじめよく混ぜておかないのか。

俺はこの世の理不尽を嘆いた。
さながら、生まれた国や血筋、その他の環境によって、その後の人生に避けがたい格差が生じるように。
どの歯磨き粉を使うか?といった選択までもが、その後の人生にかくも大きな差をもたらすのだ。

もし今後、赤い部分を欠いたクリアクリーンで歯を磨いたchocoxinaがBraun Morning Reportに捕まり、歯と歯の間を真っピンクに染め上げられたなら。
せめてもの抵抗として「毎朝クリアクリーンを使ってるんですけどねえ」とコメントするところまでCMに残してもらおう。
悲惨な生活を送る人々が国際記者を通じて世界に窮状を訴えるように、Braunを通してアクアフレッシュユーザーの口腔衛生問題を世に訴えるのだ。

……などと吹き上がりながらアクアフレッシュについて調べていたのだが、どうやらあの歯磨き粉は、どの色の部分にも全く同じ成分が入っているらしい。

なんなんだアクアフレッシュ。