chocoxinaのover140

良く言えばコラム

床屋きらい

床屋が嫌いなのだ。

「美容院は?」じゃない。ナンセンスなことを聞くな。名前が床屋だろうが美容院だろうが1000円カットだろうが、シャンプーが仰向けだろうがうつ伏せだろうが掃除機で済まされようが、とにかく人に髪を切ってもらう施設が等しく嫌いなのだ。

何が嫌いかって、奴らは席につくなり
「今日はどうされますか?」
とかえらい漠然としたことを聞いてくるだろう。
どうされますかじゃない。どうしたらいいかこっちが聞きたいくらいなのだ。

髪を切りに来る人間の全員が全員、「なりたいワタシ」みたいなものを持ち合わせているわけではない。
ただ必要に駆られて長くなった髪を短く切りに来る人間というのもいるのだ。

どうされたいかという質問にあえて答えるなら「世間様に恥ずかしくないようにしてください」としか言いようがない。その一言で髪を切ってくれる床屋がいるなら7000円まで出す。

それはともかくだいいち床屋ども、こちらがたまに色気を出して何かしらの指定をすると
「お客様は髪質が〜」「アタマの形が〜」とかなんとかよくわからんことを言って要求を突っぱねてくるだろう。
うるさいうるさい、百歩譲って髪質(?)とやらの考慮が漏れたのはこちらの落ち度としても、アタマの形がどうかなんてこちらには分かりようがないのだ。目ってアタマの前のほうについてるからアタマの後ろは見られないんだぞ知ってるか。

そういう未知の変数でもって出来ることが変わってくるというなら、そちらからまずどうできるのか示して欲しい。さいきん提案型営業とかいうやつ流行ってるだろ。

結局そんなことを考えながらも「前切ったのか一月前なんで、伸びた分を揃える感じで」とか適当にやり過ごした俺に、床屋はまた
「襟足はどうされますか?」
とか訳のわからないことを聞いてくる。

どうされますかじゃない。伸びた分だけ切ってくれって言ってるだろう。

それ以上何を指定する必要があるというのだ。長さで答えればいいのか見た目で答えればいいのか、刈るか切るかという話なのか。
自分の後頭部がどうなっているべきなのか、分かっている人間ばかりではないのだぞ。目ってアタマの前のほうについてるからアタマの後ろは見られないんだぞ知ってるか。だいいち先月俺の髪切ったのもお前なんだから同じように出来るだろ。

そんなやりとりを経た上で何が起こるかといえば、これだけコミュニケーションに困難の生じる他人に、耳や動脈の周りで刃物を振るわれるのだ。

文明開化で髪を切る文化をありがたがった日本人、全員滅びていればよかったのに。

……と言いつつchocoxinaは今月もちゃんと髪を切った。褒めてほしい。